サイの遊び場 Family Life

埼玉県在住です。子供とのドタバタした生活や遊び場などを皆さんと共有できたらいいな

【ジャパン動物メモリアル社】六花ちゃんの最後をお願いしました

こんばんはユキです。

 

フェレット六花ちゃんにお花を頂いたおかげで区切りをつけるきっかけができました。

 

 

 

5月26日、家に帰ると六花ちゃんが食事を一切していない!

全く動かず、口元に食事を持って行っても食べません。注射器で口元を湿らす程度の水を定期的にあげました。

 

一日前は「出せー!」って感じで天板に噛みついてガンガンやってぶら下がっていたのに。

ぶら下がらないように天板を開けてあげると、準備が待てずにこんな感じで出てきます。※注 おばあちゃんです 

落ちないように慌てて受け止めます。

 

その日は家族で一晩中一緒にいました。苦しそうな感じはしないのですが排泄の時も動く素振りはありません。(汚れてもすぐに綺麗に出来るように腰の辺りはペットシートを引いてあげています)便黒いタール状の物が出ていました。胃潰瘍の時にこのような状態になるようです。高齢で病院通いなのにさらにこんなことが重なるなんて。明日は病院だから頑張ってほしい。拭いてあげる時に持ち上げると脱力していました。

 

嫁と娘は会社と学校があるので寝てもらい、私がすぐ横について看ていました。4時頃まで起きていたのですが、ちょっと寝てしまい6時に目を覚ましました。

六花ちゃんの意識はありませんでした。

まだ温もりが残っています。そっと目を閉じていつもの寝姿に整えてあげました。数時間が悔やまれます。起きている間は頑張っていてくれたのかな。嫁と娘を起こしました。

 

風花ちゃんの時は何も対処できずにいましたが経験がある今は対応することができました。六花ちゃんをお気に入りの毛布にくるみ蓄冷材を一緒に入れました。

 

病院にはキャンセルの電話をしました。状況を尋ねられたがうまく言葉が出てこない。どんな言葉が適切かも分からない。結局出てきた言葉は「本日の朝、亡くなりました」

涙が出てきました。あぁ、言ってはいけなかったんだな。認めてしまったんだな。

 

葬儀屋さんはこちらにお願いしました。「ジャパン動物メモリアル社風花ちゃんのときも丁寧に迅速に対応していただきました。

東京周辺の訪問ペット火葬・ペット葬儀|ジャパン動物メモリアル社 (j-d-m.jp)

 

電話をかけて状況を説明すると本日の夜対応できるとのことなのでお願いしました。

電話する際には動物の種類フェレット)、体重(1kgくらい)を伝えます。セレモニーカーの関係があるのだと思います。

六花ちゃんの写真画像データ)も用意しました。

葬儀のコースは「家族立合葬」です。

 

その日の夜じーじとばーばにも来てもらいました。

突然の雨と雷があったせいなのか、なぜだか車どおりが多く駐車をしてもらおうと思っていた場所が使えない。いつもはこんなことないのに!

急遽、場所をじーじ、ばーばの家へ変更。

 

詳細を説明していただきました。この時写真(画像データ)もご担当者に送ります。(スマフォに搭載されているAirDropを使用)

遺骨カプセルにるすかキーホルダーにするか選びます。私たちはキーホルダーにして1つは私たち、もう1つはじーじとばーばに渡す予定です。

 

六花ちゃんを籠に移しました。その際にはお気に入りの毛布を敷かせていただきました。

家族全員で末後の水をあげ、ハッカ油で拭いてあげました。蓄冷材のせいもあり体は冷たくなっていました。毛はモフモフのままなのに。

手元に念珠を供えて旅立ちのおやつも供えました。追加で私たちがあげていたおやつもね。

周りにフラワーシャワーで飾ってあげました。嫁が別で買ってきたお花も添えさせていただきました。

 

最後の見送りの時が来てしまいました。セレモニーカー火葬炉が内蔵されているので、この場で完結してしまいます。

いままで一緒に暮らしてくれてありがとう。先に逝って待っていてください。できれば向こうの世界を下調べしてくれていると助かります。(死後の世界があるのであれば)

 

火葬が完了するまでは家で待っていました。ただただテレビを見ていました。

 

連絡が入りセレモニーカーへ向かいました。

再び合った時には変わり果てた姿でした。ご担当者から骨の部位などの説明を丁寧にしていただきお骨上げを行いました。娘はちょろちょろして危なかった(炉が熱いし、車も通るかもしれなかったので)のですが、ご担当者が安全に気を配りながら見ていてくれました。ありがとうございます。私が抱き上げて娘もお骨上げを行いました。

 

ジャパン動物メモリアル社」のご担当者様には車が停められないなどのハプニングや、私たちが持ち込んだ毛布、おやつ、お花などにもご対応いただき感謝しております。何より風花ちゃんや六花ちゃんを丁寧に送っていただき誠にありがとうございました。

 

一年前はこんなことして遊んでいました。

 

 

右から入って左へこの繰り返し

 

 

 

またね

 

今日、六花と風花のお部屋を片づけました。

 

 

t-s-life.hatenablog.com

 

t-s-life.hatenablog.com

 

t-s-life.hatenablog.com